ごあいさつ

最愛のペットを亡くされた多くの方々へ、心よりご冥福をお祈りいたします。
微力ではありますが、ペットを亡くされ、悲しまれている方々へ 少しでもお力になることが出来ましたら幸いです。

特殊彫刻センター ブラッコム
代表 板橋 直樹

 

ペットの線画彫刻

線画彫刻のきっかけ

私は1997年よりペットを専門に彫刻品を制作してきました。

当初は写真をそのまま石に刻む「写真彫刻」という技術が開発されて間もない頃で、 私も多くのお墓に写真を刻んでおりました。

ある時お客様から「写真は生々しくて悲しくなるけど、文字だけでは個性がない。 何とかならないか?」と相談がありました。

試行錯誤して写真を線画にし、文字と組み合わせたイメージをお見せしたところ、 とても気に入っていただけたことを覚えております。

これを機に、人はペットのお墓に何を求めているのかを考えてみました。 

思い出を求めるのであればアルバムやビデオの方が詳細に思い出すことができます。

ではペットのお墓に求めるものは? 小さな命が存在したことを忘れたくない… 

その思いを「かたち」にして残すこと。 それは象徴的で誇らしくあれば良い。

線画彫刻はその思いから誕生しました。

エンブレム=象徴。

石彫エンブレムはペットの個性を象徴化したシンプルなお墓です。
お客様にとって かけがえのない宝物になってほしい。
それが石彫エンブレムが目指すところです。

「ペットが生きた証」として皆様の心の支えになり、 悲しみから立ち直られるきっかけになることを祈っております。

エンブレムは象徴